OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。ドメイン変わりました。nandemo.oshieru.blog





LINEPayカードの常時2%ポイントバック廃止の乗り換え先、富裕層ならソニー銀行のSony Bank WALLETが最大優遇で2%なので目減りせず。ただし2%達成には厳しい条件あり。→現実的な選択肢はKyashか



LINEPayカードの2%還元、突然の廃止アナウンス! どこに乗り換える?

f:id:amimotosan:20180515214309j:plain

LINEPay使ってましたか? 使ってない人も多いと思いますが、使ってる人にとっては2%をLINEポイントで還元されるお得なJCBプリペイド(チャージしクレジットカードのように利用できるもの)でした。

最近LINEPayはLINEPayカード(プリペイド)の2%還元率を2018/5/31をもって廃止することをアナウンスし、今後はコード支払いをベースにした新たなポイントプログラムになるとコメントされました。

コード支払いというのはアジアでよく普及しているQRコード決済に近いようなもので、LINEのスマホ画面でコードの出る画面にして、レジに読み込ませて決済させるというものです。

アジアでは中国がものすごい勢いでスマホ決済社会になっており、日本でもこちらを普及させたいのはよくわかります(ただし日本だとレジの反応が遅いですから、現実的には機材が交換され勝手がよくなるまでかなり時間がかかるかと思います)。

LINEPayコード決済の還元率も最大で2%、ただし難易度が高くなりそうな予感

コード決済、こちらも最大では2%の還元率になるそうですが(時限キャンペーンを除く)、ポスト時点では発表されていませんが、最大還元率を達成するには条件などがあることが予想されます。また、コード決済も時間が経過することによって対応先が増加することが予想されますが、現時点では、幅広くつかえそうなローソン以外は飲食チェーンやドラッグストア、レンタル店などかなり限られているため、あまり便利はよくなさそう…。

となると他社のデビットカード(銀行預金をクレジットカードフェイスで決済できるもの)に乗り換えたりする可能性が高くなるかと思います。

代替カードはプリペイドじゃないものから探す必要がある、クレジットカードだと、基本はリボのカードで、前年ショッピング金額200万なら翌年1年は2%還元にするというものがアプラスにある

なぜプリペイドカードじゃないかというと、プリペイドカードで(キャンペーン以外で)そこまで還元しているケースがないからです。

また、クレジットカードにすればというのもありますが、常時2%なんていうのは「リクルートカードゴールド」が募集終了して以降「条件付き」(特定のサイトだけ2%だったり、一定期限だけ優遇だったり)以外ほとんどないのです。1.2~1.5%くらいが上限だと思います。

と思ったら、ありました。アプラスのアクシスカードプラスです。当年中は還元率1.0%ですが、今年中に200万円使えるならば、来年から2%になるカード!(ただしリボが基本のカードのため、そのままつかうとバカ高い利息がかかるが、1回で払いきれるように、リボ返済額を高く設定し必ずリボ残高が発生しないようにすれば実質的にリボ手数料はかかりませんし、一応回数払い・ボーナス一括もできるようにはなっています。ただし翌月一回払いができないので、それをしたい場合、リボの1回返済の設定で乗り切るしかありません。) 200万だとしょっちゅう海外旅行してたり冠婚葬祭や家族ぐるみの引っ越し+家具購入でもやらないとなかなか使わないかと思いますが、日々のほとんどをこちらで済ませれば達成は不可能でもないかと思われます。

一方、デビットだとソニー銀行がまったく同じ(最大)2%バックのデビットカードを出していた(ただし2%適用には条件達成が必要(予算数百万~一千万円))

また、LINEPay代替ということであれば、現実的に使い勝手が近いものだとデビットカードが現実的です。で、その中でも(ここも通常は0.5%ですが)優遇2%を謳うものが探した所ありました!

f:id:amimotosan:20180515213731j:plain

ソニー銀行のSony Bank WALLET(デビットカーつきキャッシュカードです。こちら、優遇プログラム Club S (クラブエス)の適用で、クラスステージが変わり、ステージなしだと0.5%還元ですが、シルバー(クラス)で1%還元、ゴールド(クラス)で1.5%還元、プラチナ(クラス)で2%還元キャッシュバック!(上限20万/月)。

ただし、そのクラス達成には外貨預金残高+投資信託残高が月末に(預金だけでクラス達成するには)合計1,000万以上必要という…あまり現実的ではないかもしれませんが、まあ貯め込んでる人ならどこかから現預金移動すれば不可能ではなさそうですね。

預金でプラチナクラスなんか達成できねえよ!という人にも、まだ可能性はあります。預金残高以外のランク判定基準として(同行に)住宅ローン残高があると最長5年、【1ランクアップ】。(同行)FXの月間取引枚数が1000枚あれば、同じく【1ランクアップ】、両方で【2ランクアップ】と【1-2ランク】のアップを併用できるので、まあ住宅ローン等で無難に【1ランクアップ】するとして、そうすると預金残高側の判定は【ゴールド】でもプラチナ相当がOKになるため、(ゴールド条件の)500万以上1000万未満でOKになります。

【2ランクアップ】にするなら、預金残高側は【シルバー】でプラチナ相当がよくなるので、(シルバー条件の)月末残高300万円以上+外貨積立購入月1万+投資信託つみたて月1万の残高でよくなります。

という、LINEPayと同額のバックを求めるためにはかなりの残高をソニー銀行につぎ込む必要がありますが、まあ余裕のある方なら大丈夫でしょうし、もしくはこれから住宅ローンをここで組んで、かつ住宅ローン返済まで預貯金をここに置こうなんていう方は、LINEPayカード相当の2%バックを再現可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

ソニー銀行のそれ(Sony Bank WALLET)詳細はこちらから。

何も考えなくても1%返してくれるデビットもある

なお、どこでも1%のバック(楽天スーパーポイント)でよければ楽天銀行のJCBデビットがあります。楽天はネット上ではよく楽天カードが叩かれていますが、一方で非常に(デフォルトのリボさえ自分で外せば)優秀なカードでもあります。また、楽天証券・楽天銀行などの金融系はものすごくUI、UXが優れていて、サイトとしても使いやすいです。

楽天銀行自体は元イーバンクの流れのためいかにもネット銀行という感じなのですが、PCでのアクセスのほか、アプリも使いやすいです。提携ATMも無茶苦茶多く、困ることはあまりないですね。

給与振込口座にするか、大量に預ければ(優遇があるため)出金手数料や振込料などもほぼ節約できますし、デビットですべて済ませばほぼ出金もしないですむ上に1%もらえるのは結構ありがたいです。僕もパンダデザインのそれを持っています。

Kyashのリアルカードが2%バックでLINEPayの過去とほぼ同じでいいかも

f:id:amimotosan:20180620214053j:plain

Kyashという、バーチャルカードによるネット決済に対応しているアプリがあるのだが(実質的にLINEPayを利用している人なら抵抗がないインターフェイスのプリベイド)そこがLINEPayの改悪にあわせたかのような2%ポイントバックつきのリアルカードを出してきた(VISAプリベイド)。これ使ってみるのがいいと思う。これで2%だとあとはチャージにもポイントがつくようなカードを使えばあとさらに0.5%から1%くらい狙えるし、利用するときにポイントカード併用できればさらにさらに0.5%から1%と、夢が広がります。これが現実的かな。ただメインカードにするには上限使用量が設定されているようなので、ちょっと物足りなくなりそうです。

kyash.co

Ads by Valuecommerce/ADSTIR