OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。

火災保険と地震保険のまとめ




火災保険とはどういうものか?

f:id:amimotosan:20190320222830p:plain

イラスト:いらすとや


火災保険は損害保険の1つ。家財や商品在庫・設備の火災や風水害から損害を補填する保険。「建物」まで対象となる場合と「動産(家財)」のみのケースもある。

火災保険とはいえ、火災以外(落雷や浸水、水害、雪害、風害、雹害、盗難、落下、飛来、衝突、破損・汚損、爆発、破裂、騒擾、諸費用など)様々なものをカバーしているケースもあります。

火災保険の価格は?

補償範囲や対象、保険金の出る金額によって保険料が異なります。火災保険自体はいろいろとあります。自然災害が最近増加傾向なので、火災保険の保険料は上昇傾向にあります。 今入っている火災保険も、来年価格改定がされるかもしれません。不要な補償がないか見直すとか、より割引率の高い長期契約を考えるなど、見なおしてみるといいかもしれません。共済などの場合は若干安めに設定されていることもあります。

住宅ローンと火災保険

戸建てやマンションを購入した時には、ローン会社からかならず要求される火災保険の加入。住宅ローンの斡旋時、住宅ローンの銀行や、住宅を仲介した会社の言いなりで火災保険に加入していませんか? やはり比較していくことが大切です。火災保険はその性格上まず出し渋られることはないと思われますが、割高な保険に加入させられている場合もあるかもしれません。

ちなみにマンションの場合、専有部分と共有部分があります。管理組合で共有部分に関しては火災保険に加入している場合が多いのですが、一部の特約は入居者でも使えるケースがあり、重複して入ってしまうケースも見受けられます。かぶってしまう特約は避けたいので、できれば管理組合、あるいは管理人・受付にはたらきかけて、どの会社のどんな火災保険に入っているかは教えてもらったほうがいいかもしれません。ただ入居前だと見せてくれないケースも考えられます。できれば入居予定者であることを証明するため、契約関係の予備的な資料を持参したほうがいいかもです。 専有部分は自分で加入する形となりますので、組合で火災保険に入ってるから「必要ない、必要ない」なんて言わないように。

地震保険は火災保険に付随しているもの

f:id:amimotosan:20190320222610p:plain

イラスト:いらすとや

地震保険は損害保険の一種だが地震で被災した損失を補償する保険。なお、地震補償保険は地震保険に関する法律による制限を受けないため、いわゆる地震保険の扱いではない場合もある。日本ではたびたび大地震も起こっており、被災リスクから加入するケースは増加している。

一般に地震保険は火災保険とあわせて加入する形となる。火災保険だけに入っている場合はそこに地震保険を付帯することもできる。 地震保険には[建物」を対象としたものと「家財」を対象としたものの2種類があり、両方に加入したい場合はそれぞれ付帯する必要がある。

地震保険は自動車の被害は補償されるの?

自動車は実は地震保険では原則では保証対象外。自動車保険側に「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」をつけることができるので、そちらをチェックしよう(一時金は50万円)

地震保険は複数加入できるの?

補償額は決まっているため、その定められた評価金額以上の保険契約はできないことになっている。もし2社以上に加入できても、実質的には1社からしか保険金が受け取れない可能性が高い

ただし地震補償保険は地震保険と同時に加入できるものがある。詳しくは地震補償保険側の商品サイトを参照してほしい。→例:リスタ(SBIリスタ少額短期保険)

 

関連サイト記事

地震保険をやめる - ムダなものはやめよう!