OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。

さくらインターネットはこれから立ち位置が大きく変化していくと思われるサーバ。スタートアップにおすすめ

f:id:amimotosan:20190115235043p:plain

さくらインターネット

さくらインターネットはコンシューマーに高い支持を持つサーバ会社

さくらインターネットといえば廉価でありながら商用に耐えるそこそこのサーバを提供してきた会社で、もともとIX(インターネットエクスチェンジ)であることから、転送量処理には定評があり、サービスもコンシューマーの利用が多く、ユーザによる情報共有が豊富のため、さくらサイドのサポートがよくなくてもあまり困ることのないサーバー。そのため個人を筆頭に多くのユーザーが利用してきたが(特に技術者系等。2ちゃんねるのひろゆきが2ちゃんねる以外のサービスコンテンツを置いたり、「はてな」がサービスを置くサーバの主力はさくらインターネットだったりする)、その絶大な信頼から今は結構な企業も利用しているはずだ。

石狩拠点が人気だったが…

特にさくらインターネットは、北海道・石狩にデータセンターを早い段階で作ったのはかなり先見の明ではあるのだが、2018年に起こった北海道地区の地震では露骨に一旦落ちてしまい、だいぶ綱渡りな運用となってしまった。結果としては停電してもなんとか燃料で耐えられたとはいえ、「北は寒いからサーバ運用コスト(冷房)も抑えられ震災リスク分散的にも安心」といった神話は無くなっているといえるだろう。それでも技術力は認められるが、業務的なリスクヘッジではプラスに働かなくなってしまった。とはいえ、東京・大阪にもデータセンターはあるので、現在は3拠点であることをプラスに捉えてさくらのVPSで負荷分散や、「3拠点DR(ディザスタリカバリ)」を売りにし始めたりしている。

さくらインターネットの契約数は激増

f:id:amimotosan:20190115235140p:plain
▲さくらインターネット2016年2016年7月19日のリリースより

ユーザー自体は表のとおり激増している(近年のデータがまるめられていてざっくりなのが気になるが)

共用サーバ、VPS、専用、クラウド、マネージドサーバがある。主力だった共有も少しずつリニューアル中

通常の共用レンタルサーバはいくつかのプランに分かれているが、借りるとインターフェイスが昔のままで、やや古臭いという難がある。だが最近はさすがに、客の要望もあってかコントロールパネルも新コントロールパネルを並行リリース。共用・マネージドサーバでも負荷にも耐えられるようなサービスも備え(リソースブースト)、若干のリニューアルはかかっている。(個人的には共用サーバのWordpressも動かないような一番下のプランは廃止すべきだと思うが)


いまはクラウドが主役だが、クラウドを使う必要のない人でも、費用対効果がよさそうなさくらのCDNがおすすめ

かつてとは異なり現在対コンシューマーには、共用レンタルサーバよりもさくらのクラウド側のほうがメインといってもいいだろう。といってもクラウドサーバを利用する必要はないという人もいっぱいいるとは思うが、そういう人にもおすすめしたいのはCDN(コンテンツデリバリーネットワーク。さくらでは「ウェブアクセラレータ」と呼ぶ)。

f:id:amimotosan:20190115235207j:plain

▲ウェブアクセラレーターのページより

「国内を早くしたい」という需要に答えたCDNで、海外に拠点がないとはいえ、東京・大阪から画像ファイル等の高速配信をしてくれる。これが、かなり安価(初期500GB無料、1GB5円)な上、オリジンサーバーを自社に限らないので、のろいレンタルサーバ、無料サーバを利用している人も、別途Wordpress用の設定プラグインも存在するため、設定するだけで簡単に画像コンテンツだけをここ(CDNの別URL)から配信したりすることで若干かもしれないが高速化もできる。さくらを離れてしまった人にもおすすめしたいサービスだ。

 

なぜエックスサーバーをブロガー、アフィリエイターは褒めちぎるのか。

 

XSERVER

XSERVER

先入観に踊らされるな、エックスサーバーはそんなに胡散臭くないのだ

正直、ブロガーやアフィリエイターが一斉に勧めるものって信じがたいですよね。過去にもブロガーやアフィリエイターが多く勧めた商品に、ワードプレステンプレートの「権威」とか、ホームページ作成ソフトの「SIRIUS」とかいろいろありましたけど、あまりにも多くの人が勧めるものって、胡散臭いなとか、キャッシュバック金額が多そうだなとか、つい悪い方向に邪推しがちです。しかしですよ、エックスサーバーはなぜ勧められがちなのでしょうか。その理由を探っていきたいと思います。

エックスサーバーの歴史と企業理念

沿革を見ると2003年に屋号で設立しサービス開始。そのあと有限会社ベットを設立しています。2006年には増資し、株式会社になり、2008年には渋谷にオフィスを作り、12月には大阪支社を開設。2009年にはシックスコアも開始。2010年には大阪支社を移転、2012年には本社も大阪に移転。株式会社ベットからエックスサーバー株式会社に商号変更。2013年にはグランフロント大阪に本社移転、プライバシーマークを取得。2014年には東京オフィスを再び開設、9900万円に増資。さらに2017年には本社移転(フロアの変更)、デルとの協業等も。オフィスは増床を続け、順調に成長しています。同社の企業理念は「最高」を提供するとあり、実際サービスもそれを実践しているといっていいでしょう。

エックスサーバーのサービスは、サーバ性能が高めのマシン・OSを積んでいる

エックスサーバーが優秀と言われるのは、それは共有サーバながら性能が高めだからということがあります。元々の端末スペックも高めの24コアCPU256GBメモリ搭載で、単純性能でも他社に比べて劣らないということがまず言えます。またバックボーン(サーバーが接続されているネットワーク先)も942Gbpsバックボーンがあり、そこが優れていることはあまり言及されていませんが、なかなか素晴らしいと思います。バックボーンは地の利による点が大きいのですが、大阪という日本の都市拠点としては2番目となる都市であることが、回線環境の良さにつながっていると思われます。
またサーバOSとしては同時リクエスト処理等に特化しておりメモリ使用量の少ないnginx(エンジンエックス)サーバーを利用しており、負荷体制が強い仕組みを作り上げています。こういう数字や名前を並べると難しそうに見えますが、特にバックエンドの話なので、通常気にする必要はありません。

サーバの動作も早いので顧客の満足度や検索評価が高くなる

次に反応が早いということです。高速化技術は貪欲に導入しており、記録部がSSD(HDDではないので読み書きが早い※読み込み最大48倍以上)なのはもちろん、googleが作った高速化モジュール、mod_pagespeedも使えるようにデフォルトでなっています(設定ONが必要)。FastCGI(高速化と負荷軽減につながる)、HTTP/2(伝送が高速化される)にも対応。処理がPHP5系よりも早くなっているPHP7系も当然対応しています。(高速化技術の1つ)Litespeedの入った、何かと比べられるmixhostあたりとそこそこ競るくらいの早い反応で表示されます。速度が早いということは、顧客の満足度も高くなります。そしてページが高速表示されると何がいいのかというと離脱率が大きく減っていくのと、検索サイト側の評価が上がっていくということがあります。
離脱についてはアフィリエイトサイトなんかは特に離脱されたくないわけですから、ページを高速表示することがほんとうにメリット足り得るわけです。また検索サイト側の評価は、サーバが遅くとも重要なものは表示されるようになっていたりするので、高速化=高評価は微妙に都市伝説感もあるかもしれませんが、たとえば10秒待たせるサイトと1秒で表示するサイトどちらを優遇するかといったら当然後者になるでしょうから、反応速度が早いにこしたことはありません。

RAID10構成+自動バックアップも搭載

RAID10でバッチリ!

ACWORKS/写真AC

RAID10はRAID1+0、ミラーリング+ストライピングで耐衝撃性を高めたものとなるが、さらに自動バックアップもされている。これが地味に嬉しいのは、サイトが何者かに改ざんされた場合や、なんらかの理由でデータベース接続ができなくなったり、操作を間違って消してしまうなど不具合を起こすことがありますが、それ以前の状況に巻き戻すということができるわけで、サイトを飛ばさずに復活できるというホントにありがたいもの。しかも復活の必要がある時以外までは無料なのですが、最近MYSQLのDB復元が無料で付加されたので、データベース復帰で済むものであればこちらでタダで対処もできるように。なかなかすばらしいですね。

SSLが何サイトあってもタダ

SSL

はむぱん/写真AC

LET’S ENCRYPTの無料SSL証明書がコントロールパネルから簡単に設置可能。自動更新なので忘れても大丈夫です。ECサイトあたりは有償のSSLを使ってもらいたいですが、ブログ辺りだったらこのへんの無償SSLで十分ですね。一部のレンタルサーバはSSLの個数が制限されていたり、いまだ自社関連の有料SSLしか貼れないといったところもありますから、自由自在に使えるということはかなり重要です。

セキュリティを強化できるWAFがついた!

WAF

akizou/写真AC

WAFとはウェブ・アプリケーション・ファイアウォールの略だが、これを設定しておくことでXSS(クロスサイトスクリプティング)対策、SQLインジェクション構文挿入対策、サーバ設定ファイルへの不正アクセス検知、メールヘッダ不正送信検知、コマンド(アクセス/実行)文字列対策、PHPのファイル操作に関する関数検知(PHPの関数の脆弱性)等がある。これが無料でつくなんてありがたい!

サーバが落ちづらい+素人にわかりやすいサポート

サーバが遅いと大変!エックスサーバーは早いから安心です

bBear/写真AC

稼働率が99.99%以上で安定した動作となっている。つまり原則は動いていて、万が一サーバダウンしても最小限で済むということ。サポートは電話(土日祝除く)とメールとなっているのも、素人には電話があるので安心感を感じるし、メール24時間以内回答というのもいつもここ系(エックスサーバーの関連会社系)のサポートでは心がけられているのは凄いと思う。
おっと、褒めちぎってしまっていた! 

エックスサーバーにするデメリット

Wordpressサーバの高速化にかかせないKUSANAGI

KUSANAGIはVPSなどに対応しているが、共用サーバのエックスサーバーには対応していない

・現在Wordpressだと最速に近いのはVPSにKUSANAGIを入れてその上でWordpressを走らせるのがかなりの爆速ですし同時接続もかなり強いです。それと比べるとたいしたことはないというのはある。つまり商売で大量のアクセスを高速にさばくという場合には、エックスサーバーは若干弱いかもしれない。他のレンタルサーバが「並」だったらエックスサーバーは「上」あたりで、特上は別にあるということになります。(ここでエックスサーバよりも高速化したい場合は、リバースプロキシ等にも対応しているワードプレス専用高速クラウドサーバーのWPXクラウドを使えばいいのだが)


また、法人には不向きです。企業認証SSLなどは使用できません。企業認証SSLはXserver Businessというビジネスプラン(法人向け)を検討する手段もありますが、こちらのサービス、企業認証SSLの提供は(自社提供は)SECURECOREに限定されてしまうため、むしろ同じ会社のサービスであれば、シックスコア辺りにしたほうがいいかもしれないです。

エックスサーバかシックスコア、どちらを選ぶかはあなた次第ですが、どちらも「失敗した!」と思わせることは少ないはずです。

有料Wordpressテーマ THE THOR(ザ・トール)のフォーラムはどこにあるのか

FIT社の有料Wordpressテーマ THE THOR(ザ・トール)を購入した人で、マニュアルサイトやフォーラムの場所がわからないという人が結構いると思います。かくいう私もそうでした。

フォーラムやマニュアルサイトはどこにあるかというと、テーマを入れたWordpressにログインした上で、ダッシュボードの中の最後のほうに、リンクがあります。

f:id:amimotosan:20181203204925p:plain

THE THORのヘルプとフォーラムログインURLはこちら

Wordpressのダッシュボードに表示されるものをいろいろ入れていると、こちらに気が付かない(下方や側方に追いやられている場合がある)ので気をつけましょう。パスワード等もこちらの上に表示されます。

ネスカフェアンバサダーのキャンペーンの電話案内を断る方法

f:id:amimotosan:20180921212950j:plain

写真:カズキヒロ(C) PAKUTASO提供

ネスカフェアンバサダー登録者に向けてキャンペーンの電話案内が来る事例が

見慣れない0120の着信があり。ググるとネスレからネスカフェアンバサダーのキャンペーン案内の電話だったりする。電話営業は迷惑だという声少なくない。

この0120の番号はキャンペーンによっては変わることもあるらしく、番号ブロックだけでは不十分。やはりネスレに直接電話営業しないよういうしかない。しかし窓口がはっきりしないではないか。

お断り先


■ネスレ通販コールセンター
【Tel】0120-600-868
【受付時間】24時間(年中無休)

 

■【WEBフォーム】(下のほう)

https://nestle.jp/inquiry/form/index.php?res=1&type=1

 

■もしくは自動チャットではない(サイトにはFAQ的な自動チャットもあるのだ)もう1つの人が出てくるチャットから問い合わせる。

 

 

日比谷野外音楽堂への行き方 地下鉄駅編

f:id:amimotosan:20180702213414j:plain

日比谷野外音楽堂といえば音楽系のライブイベント等でよく使われる会場。周囲には地下鉄駅が複数囲んでおり、JRで行くよりも実は地下鉄のほうがおすすめです。ご自宅からの最寄りの地下鉄等あれば以下からチェックしてみてください。

東京メトロ丸ノ内線で来る場合(新宿駅や東京駅等からはこのルートをおすすめ)

霞が関駅下車 B2出口を出てすぐ後ろのところにある公園入口(日比谷公園霞門)を入り、公園内を右方向に歩き(右側に飲食店舗があるがそれも過ぎて行く)、そのあとの二又も右に歩いていくと、右手奥に野音の入り口が見えてくる。親切な人が作った動画がある。


日比谷野外大音楽堂へのアクセス(丸ノ内線・日比谷線 霞ケ関駅から)

東京メトロ千代田線から来る場合

霞が関駅下車 C3出口を出てUターン、交差点を渡ると日比谷公園の入り口がある。噴水の右から入って、まっすぐあるくと左手に野音の裏口(関係者口)が現れるが入場口はその建物の外周を前側まで回り込み左側。親切な人が作った動画がある。 


日比谷野外大音楽堂へのアクセス(千代田線 霞ケ関駅から)

都営三田線から来る場合

内幸町駅下車 A7出口を出て、Uターンし背後左手にある信号を渡っていく。あとはちょっとわかりにくい導線ですすんで行くので親切な人が作っている動画を参照。

<
日比谷野外大音楽堂へのアクセス(都営三田線 内幸町駅から)

野音近くの手頃な価格帯のビジネスホテルは…

日比谷野音近くは銀座・有楽町等が近いが、手頃なビジネスホテルは近年インバウンド外国人観光客の予約が多く、正直日本の人が泊まりやすいかというと厳しく、争奪戦となると思われる。旅行のハイシーズンは1万円を切る宿はまず空いていないと考えておいたほうがいい。その激戦区の中でも廉価なのが、銀座国際ホテル。経年しているせいかわりと安めな設定もある。銀座グランドホテルも安いときがある。また、おすすめはまだ垢抜けたイメージのない新橋。安価なカプセルホテルカプセル・イン新橋豪華カプセルホテル 安心お宿 新橋駅前店もある(※カプセルイン、あんしんお宿等は男性用のみ)。新橋は日比谷野音からは徒歩圏ながら、サラリーマン天国だけあって、飲食店には困らない。野音から距離的にはそう変わらないながら、御成門駅寄りのFIRST CABIN(ファーストキャビン)愛宕山ならカプセルタイプ風の簡易区切りの部屋ながらちゃんと高さががあり、女性専用ルームも充実している(周囲は新橋からは離れているが)。