OshieruBlog

なんでも教えるおせっかいなブログ。ドメイン変わりました。nandemo.oshieru.blog





Let's Encryptに対応しないz.com共用サーバで無理やり無料でSSLする方法

f:id:amimotosan:20180220230435j:plain

なぜかLet's Encryptに頑なに対応しないz.com共用サーバ

z.com共用サーバを借りているのですが、ここは自社で100円でSSLを提供しているのでなぜかいまどきの共用サーバならたいていは無料で管理画面から入れられてかつ自動更新も可能な無料SSLのLet's Encryptに、かたくなに対応してくれません。えー100円でまともなSSL入れさせてくれるなら、そこけちってどうするのよ、と思うかもしれませんが、ここはZeusプランだとサーバが容量無制限なのでアフィリエイターやブロガーとしては当然大量にドメインを持ち込んだり、サブドメイン設定したりするわけで、そうすると1ドメイン100円の有料SSLだと(大量になってしまい)無駄な費用が発生して、使い勝手悪くなるわけです。

で、そんな場合に、Let's Encryptに対応しないサーバに一括して無理やりSSLを当てる方法があります。独自ドメインが必要となりますが、無料からのCDN、CLOUDFLARE(クラウドフレア)を使うんですね。CDNとはコンテンツデリバリネットワークの意味で、画像なりHTMLなりを外部に設けたキャッシュサーバから読み込み、それが複数拠点あって近くから読んでくれたりする=早くなるものなのです(かなり雑な説明)。ここが、なぜか無料のSSLを提供していて、セキュリティ的には微妙ですがただで使えるので、ブログのSSL化程度ならLet's Encryptに対応しないサーバの場合はこれを選択するという手があるのです。

といってもクラウドフレアは大半が海外にあるので、最近は安定しているものの、一部のサイトでは逆に遅くなるという問題があります。

ここでは遅くなっても無料SSLということで、まずSSL化を優先して考えます。

まずはCLOUDFLAREに登録して、ネームサーバを同社に変更する

まず、クラウドフレアに登録し、FREEのプランを選びます。次に、ドメインのネームサーバの設定をクラウドフレア指定のものに変更(その設定より前に現在のドメインのDNS設定をメモ等に控えておく。設定後で見返そうと思うと、他のサーバにDNS設定した瞬間に以前の設定は消えてしまうので)、そして、クラウドフレアのDNS項目のところに(ある程度は自動取得されますが全てではないので)、CNAMEやAレコードを設定します。(要はクラウドフレア経由でデータが降ってくるような形にするということです)

そのとき、crypto(暗号)という項目がありますが、こちらのSSL設定は「フル」ではなく「フレキシブル」に設定しておきましょう。

しばらく時間を待つと、データもクラウドフレア経由で下りてきてSSLも稼働するようになるので、そうしたら自分のサイトにアクセス。http://でもhttps://でもアクセスできることを確認します。

あとは、Wordpressだったら「really-simple-ssl」などの自動でSSLにしてくれるプラグインなどを使うと楽にSSL化できます。

このときに、SITEGUARDプラグインのログインページ変更などを入れたりログインのセキュリティを強化していると<SITEGUARDの「ログインページ変更」は動作しなくなるのでその設定だけ切っておけばOK>、(またサーバ側の設定やジオブロックで海外からの管理画面アクセスをできない設定にしている場合など)ログインできなくなることがありますので注意してください。

クラウドフレアのネームサーバには海外リージョンが多いため、時間帯によっては多少(その地域のゴールデンタイム等)遅くなりますが、これでz.com共用でも簡単に簡易SSLをかますことができます。なおこの簡易なSSLは、一部をHTTPで通信したりするので、ECサイトなど個人情報を扱うサイトの場合はまともなSSLを入れることをおすすめします。

額縁・写真立ての裏側の蓋する部品が壊れた時、あれなんて名前の商品だっけ? というのを解決させる記事。正解は 額縁用(素材名+)トンボまたは額縁止。

ガクブチの裏側の回す部品についての疑問が解決!

額縁や写真立ての裏側のあの半分回して裏蓋を止める部品。あれ、安いのだとプラスチックだったりして、置き場所によっては劣化していきますよね。あれを交換するのになんて商品名だったかわからなかったりすることもあると思います。

「プラスチックトンボ8ブ ホソ」、「ステントンボ8ブ」(同じのの6ブなどもあり)「額縁止 6分」「額縁止 トンボ」「ステンレストンボ金具」などと書かれているものが、アマゾン、ヤフーショッピング、楽天などに見られます。

額縁止 または プラスチックトンボorステンレストンボ が商品名で、特にあわせて6ブ~8ブの数字を入れると出てきやすいです(ブは漢字の分の場合もあり)

ブ=分 で、たぶんに長さを指しているのではないかと思います。ちなみに18㎜が6分だそうです。24㎜が8分です。(一例、誤差あるかも)フジカラー製品などは「8分細」なども出しています。

フジカラー(FUJICOLOR)、福井金属工芸、アーテック、ヤマダ、YMIなどが生産しているようですが、一般的にはフジカラーのが適量かもしれません。なおフジ製品は正式表示は「ステントンボ」などと省略形で出ているので注意してください。

ヤマダや福井金属工芸でもほぼ同じ商品名で出してますね。Amazonにありました。

Amazonで売られているヤマダは2500個入りなので注意。

福井金属工芸の商品のいくつかは、はてなブログ上からのAmazon検索で出てこないので、Amazonで 福井金属工芸+トンボなどで検索して自分で探してみてください。

福井金属工芸 ステンレストンボ 8分 F-0167

福井金属工芸 ステンレストンボ 8分 F-0167

 

個人で買うのにいいのは FUJICOLORの製品かなと思います、写真立て部品なんでしょうね。まあ比較的、注文ルートも写真店とか家電店などありますし入手しやすいかと。 

 サイズが適正かどうかはネットの商品の下にあるスペックなどを確認してみてください。

用途で額縁トンボは「素材」「サイズ」を使い分けよう

 だいたいがプラスチックトンボかステンレストンボで、一部に鉄トンボやニッケルトンボもあります。プラスチックトンボは直射日光の当たらない劣化しないところ、それ以外のステンレストンボ・鉄トンボなどは、劣化の可能性のある場所(窓際などの場合)や、頑丈に止めたい場合によいのでしょう。サイズはさきほども言いましたが、主に6分から8分のようです。

ちなみに吊る時用の部品は「吊カン」「豆カン」「ビラカン」

ニチエイ 三角吊カン (木捻付) 39624

ニチエイ 三角吊カン (木捻付) 39624

 
ニチエイ 豆カン(木捻付)

ニチエイ 豆カン(木捻付)

 

こちらも大体同じ会社から出ていますが、ニチエイ製品がラインナップに入ってきます。 吊ひもとセットになっているものもあります。

吊専用の紐としてはナイロンミニテグス、パワーミニワイヤー、ワイヤー入りヒモというようなものもあります。これを「額吊り用フック」などで壁面に固定していくのが正しいのでしょう。

BIG6億円の当たるデータを教えるよ。

当たる曜日、時間、口数がある

スポーツくじの「BIG」で一等を当てるには?というデータが、独立行政法人日本スポーツ振興センターの発行する「6億円当選データ集」に掲載されています。

それによれば、6億円が出やすい購入曜日は?

1、土曜日 2、金曜日 3、木曜日 の順。

これは単に週末が〆切になる関係だと思われます。

また6億円がよく出る購入時間帯は?

1、12時台 2、10時台 3、11時台

これはお昼にみんな買ってるんじゃないかな~。

6億円当たった人の購入口数は?

1、10口以上 2、5口 3、3口

結局、くじの予想(14個、自動で割り振られる)が的中する率を考えると、確かに口数は多いほうが1回あたりの当選頻度もそれだけ増えますからね。実際僕も1、2の順に当たっています。

楽天銀行が当たるらしい

ちなみに楽天銀行はネットバンクで当選本数はNo.1(2006年から2016年までの一等6億円当選の累計データに基づく)だそうですので、楽天銀行で購入してみてはいかがでしょうか。自動で当たると振り込まれてくるのでめんどくさくないです。また、楽天銀行には楽天スーパーポイントと別の「totoポイント」が別途あるので(100円1ポイント貯まり100ポイントで100円相当のくじに引換可能)、100pt以上貯まるとまた1枚買えていい感じです。

ちなみにtoto・BIGは楽天銀行に限らず楽天グループ全体でも力を入れていて、特に楽天市場の中ではいくつも支店を乱立させているくらいですが、楽天自体2016年はBIG1等6億円本数が1位なのだそうです(toto公式サイト情報に基づく楽天調べ)。

楽天内にある店舗は「楽天ポイントタウン」 https://toto.rakuten.co.jp/shop/ を見てみてくださいね。

アパート住まいだが防犯性を高めたいあなたのために、ワイヤレス後付けドアモニター「ドアモ二」は絶対におすすめ。

セキュリティのないアパートの安全性を高める一品

 なんのセキュリティもない、ドアチェーンすらついていない、ドアスコープしかないアパート。また、オートロックでなく、モニター無しのドアホンしかついていないマンション。このような場所にお住まいの場合。

 不意の新聞勧誘、ドア開けたら最後、帰ってくれません。NHKが深夜に来たなんていうケースもあるのではないでしょうか。保険勧誘とか宗教勧誘も、相手してしまったら面倒ですよね。また、「宅配便です」といって嘘ついてくるような悪質業者や、知らない人(あるいは知ってるけど不審な人)が立っていたら…など、実は恐ろしい思いをしたことがある人もいっぱいいると思います。

 そんなあなたに最適な商品が1つあります。アパート住まいだけど防犯性能を高めたい、特に女性の方にお勧めしたいのが(もちろん男性にもおすすめしたい)、この後付けでアパートでも設置できる「ドアモニ」。後付けドアホンです。パナソニックなので、耐久性や品質面での問題はありません。

工事はいらず、賃貸でもOK。自分で設定できる

ドアの上に固定するカメラユニットはかけて固定するだけなので、ドアの見える部分を傷つけませんし、配線工事も必要としません。最初はチャイムリンクの設定が必要です。これで、インターホンが鳴ればチャイム認識をし、来訪者を自動で表示してくれますし、会話もできます。また、過去50件までの来訪者の静止画も自動録画できるため、留守であっても誰が来たかが確認できるのも便利(静止画の画像は荒いですが判別はできます)です。

 さらに、自宅にWi-Fiのアクセスポイント(無線ルーター)があれば、回線を経由して自分のスマホでも来客応対できるのもなかなかの機能であります。たとえば宅配の業者さんが不在時に配達に来た時に、スマホから「今は出られないので、何時に再配達してもらえますか」などといった声をドアモニ経由で発することもできそうですね。

メール設定という機能もあり、人が来るとメールが届くというのもあるようですよ。

いままで怯えていたのがわずかなコストでバラ色のような生活に

 とにかくわずか1万6-7千円程度のコストで、これからの無駄な勧誘にとられる時間をすべて節約できる、ということを考えれば、買って損はないと思います。

 難をいうなら、24時間セキュリティ録画などをしてくれる商品ではない(来客時にドアホンを押した人に反応するもの)ということ、また上方向からの録画となるため、モニタ上ではつばのある帽子などや暗いところでは顔の判別までは難しいこと。また設置時にインターホン寄りに設置しないとうまく顔の位置がこないことがある点はあります(これはうまく調整すればいいかと思われます)。それを差し引いても、満足度は著しく高い商品なのでほんとにおすすめできます。ぜひ買ってみてください。特に都市部にお住まいの一人暮らしの方なら、いますぐお金は出せない…なんて場合でも、分割払いにしてでもほんとに買うべき商品だと思います。

 

 

GalaxyS8シリーズ用 DeX Station(デックスステーション)を買ってパソコンのようにスマホを使う

もくじ

f:id:amimotosan:20171225200743j:plain

デスクトップパソコンのようにスマホ(Galaxy8以降)を使えるようにするアダプタ DeX Station EE-MG950TBEGJP

Galaxy S8系3機種(Galaxy S8、Galaxy S8 Plus、Galaxy Note 8)をPCライクに使える「DeX」機能。そのDexを使うためにはDex Stationが必要です。「DeX Station」は端末と、電源、モニターへのHDMIを接続し、マウス、キーボードを接続してスマホを基幹としたデスクトップ環境を作り上げるものです。充電器としても機能します(専用ACアダプタ添付)。

DeX Stationのよかった点、問題点

DeX Stationを買ってみました。

実際に使ってよかった点は、たしかにWindowsライクにAndroidが使えるという点。

問題点は、スピーカーがないので(音はスマホ本体から出ますが)、Bluetooth等でスピーカーを飛ばせる環境があるとそのほうがいいこと、あとは変型のモニターサイズ等に対応していないので、モニタ環境によっては見づらいことでしょうか。

また、キーボード、マウス等持ち歩きにはさらにモノがいるのもちょっと面倒ではあり、そういう意味ではおもちゃ的な側面もあります。

とはいえ、フルサイズのWebの簡易閲覧環境としてはすぐに利用できるのと、PCをもっていけない場所での文字執筆等には便利そうだなと思いました。

また、充電台としては、普通に機能します(スマートフォン本体が厚手のケースを纏っている場合は、端子が刺さらないことがあります)

DeX Stationの日本版の国内販売が始まって、並行輸入モデルに手を出す必要もなくなり、手に入りやすくなった

EE-MG950は以前は海外版しか手に入りませんでしたが、2017年11月現在、DeX Stationの国内モデル(EE-MG950TBEGJP)の販売が開始されました! 

これは、GalaxyNote8と一緒に発表された形で、他国のGalaxyS8シリーズと同時発売に比べると、日本はかなり発売が遅れた形となります。なお、DeX StationはGalaxyS8,GalaxyS8+,GalaxyNote8の3機種の対応となります。

Galaxy Dex Station 【Galaxy純正 国内正規品】 Galaxy Note8 / S8 S8+対応 EE-MG950TBEGJP

Galaxy Dex Station 【Galaxy純正 国内正規品】 Galaxy Note8 / S8 S8+対応 EE-MG950TBEGJP

 

↑こちらで買えます。amazonの他、ヨドバシ、ビックカメラ、アイオープラザなどで発売中です。

並行輸入品に気をつけよう

DeX Station、並行輸入品に手を出しても特に問題はありませんが、マニュアルが英文または他の国のバージョンになっているのでちょっとセットアップが面倒に感じるかもしれません、ですが、スマホ系パーツのマニュアルは簡略なものなので、なくてもさほどは困りません。ですが問題としては並行輸入品は「その輸出国のコンセント」に対応したもののため、海外旅行などでよく利用したりするコンセント変換プラグが必要となります。

もし並行輸入モデルが安い場合でも、初心者であれば日本販売モデルを買われたほうが無難でしょう。

Ads by Valuecommerce